FC2ブログ

ダメ男に費やした半年間④

婚活失敗談
07 /29 2018
過去記事はこちら
ダメ男に費やした半年間①
ダメ男に費やした半年間②
ダメ男に費やした半年間③



はい、悲劇は24日のイブだけで終わらず、25日にも発生しました。

さかのぼる事一週間前…

彼氏が私に
「クリスマス、欲しいものある?」
と。

おお、流石にプレゼントはくれるのか!←
んー、でも君ケチだから高い物は言えないなぁ。
ケイトスペードの定期入れ辺りなら良いかなー、あれ10000円しないし。

そんな事をぐるぐる考えていると、

「そうだ、ペアの時計とかどう?一緒に下見に行こうよ。」

おお!それ良い~🌸

そして二人で時計を見に行ったんですよねー。
若者向けのメーカーだったので20000円弱で買えるくらいの物だったかな。
お互い交換する訳だし、これなら問題ないね✨

私はそう思っていた訳です。

し・か・し!!!!!!!!!

25日なんですが、彼は昼過ぎまで爆睡。
その日は私は仕事の都合で夕方までには家に帰らなきゃいけなかったので、出来たら早目に出かけたかったんです。
13時くらいかな、むくりと起きた彼が一言。

「プレゼントさ、今度改めて買いにいこ。らずり、仕事もあるし今日はもう時間ないよ。」

おめー(怒)!!
昼過ぎまで寝てたお前のせいで時間が無くなったんだろうがよ。

むっとしていると

「なにむっとしてるの(笑)時間ないんだからしょうがないでしょ!ご飯食べに行って、そこで今日は解散にしよ!」

はー。
今日、12日25日だよ?
次回会うときってもう年末だよね?今日買わなかったらもう買わないでしょ。

はっきりと
「なんで?買いに行こうよ」
そう言えばよかったですよね。

でも、プレゼントってねだって(しかも揉めて)貰うものじゃないと思うんです。
その人の気持ちの問題なんです。
文句を言えば買いに行ったと思うんですが、私はもうこの25日の時点でかなり冷めていたし、多分その時計は今後負の産物になるであろうことはわかっていたので、この時点でプレゼント交換は諦めました。

でですよ?
その後のランチでまじで修羅場に。

ランチを食べながら彼が、彼のお兄さんの奥さんの話をし出したんです。

「うちの兄の奥さんさー、ようやく育休が終わるかと思ったらまた2人目妊娠してさ。」

おめでたいやん!!

「俺、思ったんだけど奥さんこの流れで専業主婦になる気満々だと思うんだよねw」
「俺、結婚相手が専業主婦とか絶対に許せない!扶養もダメだからすぐに復帰してほしい!最低400万持ってきてもらわないと困るから。」


はあああああああああああああああああ?
らずり大発狂。

「あのね。子供を産むって大変な事なんだよ。産後もきついんだよ?」

いや、らずり子供産んだことないからわからんけどw
でも女として言わせて頂く。

「なのに、それはひどいよ。奥さん、専業主婦狙ってる訳じゃないと思う。落ち着いたらきっと復帰するよ。」

「そうかなー…。でも俺は無理かな。」

「俺は、出世は全く狙ってないんだ。プライベートを大切にしたいから、来年はもっと楽な部署に行くよ。年収50万くらい下がるけど別に良いかな😊だいたい、全く頑張らなくても定年まで年収500は貰えるんだよ?すごい事だと思わない?」ドヤア

は?

は??

全くおもわねぇ。
お前、年収500万って女並の稼ぎじゃねえか。


ぶっちゃけ育ってきた環境が違い過ぎる。
この人は両親も公務員だ。きっと堅実な生活をしてきたんだろう。
彼には言っていないけど、私の両親は数千万プレイヤーだ。正直裕福な生活をしてきたから、この人の感覚がよく分からない。

とはいえ、親は親、自分は自分。
実際のところ、私は両親の様に努力をしてこなかったので彼と同じ額しか稼げていません。
ですが、キャリアアップをしてあと数百万は年収アップさせるつもりだし、勿論共働きもするつもりです。

頑張って働きたいからこそ、相手にも頑張って働いてもらいたい。
自分たちの為だけじゃなくて、家族も増えていくんだから。

色んな思いが私の頭の中をぐるぐる駆け巡っていると彼が

「らずりさ、もっと安定した仕事した方が良いんじゃない?教職免許も持ってるし、公務員になったらよいと思うよ!公務員同士の結婚多いんだよー」

と、公務員の中途入社の募集要項と給与体系を見せてきた。

「いや、無理。自分がしたい仕事をしたいし、今の仕事の方が給料も伸びしろあるから。」

は?何いってんのこの人。

結婚はしたい。
共働き(絶対に正社員)してほしい、公務員だと尚良し。
400万円は最低でも稼いでこい。
でも子供は欲しい。


もう、社内の公務員女性見つけて結婚しろよ。
それか、世の中には公務員大好きな女性もいるからそこから相手見つけろよ。

もう、彼女が彼氏に対して言う物言いじゃないですねw

今まで何でも言うことを聞いてきた彼女だったのに、突然意思表示をしたからか、彼は微妙そうな、なんとも言えない表情をしていた事を今でも覚えています。

喧嘩までは発展しませんでしたが、その日はテンションダダ下がりだったのでもう帰るね、と一言伝え帰宅。

ぶっちゃけ、帰りながら電車の中で泣きました。


そして、最終章。
大晦日に別れよう、そう心に誓う出来事がありました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

らずり♬

初めまして、らずりです♪
アラサーCAです。色んな婚活方法を通して同じ様な状況の方と共有していけたらと思います。
それぞれカテゴリ分けしていますので、それぞれそちらから飛んで読んで頂けると嬉しいです。